ごあいさつ

栗東で開院して、13年以上経過しました。
患者さんの総数も10000人をこえ、カルテ番号は20000番台を使っています。 地域に根ざした診療所を目指してやってきました。近所の皆様にかわいがっていただき、楽しく、診療させていただいています。 お話好きがいい面にも、悪い面にも影響しまして、患者さんをお待たせすることも多いですが、ツイッターやホームページ、受付の対応など、工夫しながら、待ち時間の短縮ができるようにやっていきます。
アットホームな雰囲気の中で、皆さんの、健康と安全を守るお手伝いができますように努力して参ります。滋賀医大や済生会病院の研修医の先生の研修施設にもなっています。若い先生の勉強のため、みなさんのご協力を賜りますようお願い申しあげます。
研修医の先生が手伝ってくれることで待ち時間短縮できるところもございます。地域で若い先生を育てていきたいと思いますので、ご協力お願いいたします。

院長のプロフィール
1985年  滋賀医大卒業
滋賀医大(研修医)、京都きづ川病院、日野記念病院、甲南病院などの外科勤務を経て
1998年  草津クリニック(診療所)開業。※院長を5年経験
2003年  3月きづきクリニックを栗東でオープンしました。
2008年  10月現在の場所に移転。
院内の施設
○胃内視鏡 (経鼻でできる細いファイバーを用いています。細いものを経口でも使います。)
○レントゲン (胸部レントゲンなどの一般撮影できます。骨密度の測定もレントゲンを用いて可能です。)
○超音波エコー (乳腺の検査は当院ではエコーを用いていたします。腹部エコーもいたします。)
○心電図 (ホルター心電図もおいています。)
院内設備イメージ
病院で一緒に働くスタッフたち
看護師:計4名 経験豊富な子育て経験のあるものばかりです。予防接種の相談子育ての相談なども、お受けします。
保育士:計4名 チャイルドハウスのスタッフですが、
病後児がいないときには外来を手伝っています。子どもさんの相談お受けします。 ベテランです。
受付  :計3名 受診の際必ずお会いします。待ち時間の目安などお聞き下さい。
事務長:男性職員です。なにかトラブルが発生したときはご相談ください。
非常勤医師:金曜日は松下医師が診療を担当しています。木築の後輩です。
非常勤職員:その他、きづきクリニックを支えるため退職したあとも手伝いに来てくれる人、準職員数名います。
おむつ交換台 院内の様子